気の早い話(特典航空券予約)

昨年の夏ごろ、春休みの旅行は何処に行こうか?と言う話をしていて、セブに行くことに。
しかし、特典航空券が家族4人分取れず、行先をグアムに変更しました。

今回はリベンジと言うことで、昨年よりも少し早く動き出し。
私的には、昨年も2名ならほとんどの日付で取れたので、特典航空券の枠が2席なのかな~なんて思っていました。
まー問い合わせて見ないと分からないので、ダメ元でお電話☎
今回希望するのは、フィリピン航空の成田→セブの直行便です。フィリピン航空はスタアラメンバーではないため、WEB上で空席確認などが出来ないので、マイレージデスクに電話をしないとなりません。電話発券ですが、WEBで手続きが出来ないので、発券手数料は取られません。

妻がパートから帰宅したタイミングで、日数などを確認。
私はANAプラチナ会員のため、プラチナデスクに電話。すぐにつながり、空席確認をお願いしました。
どーせ、二人ならとか言われるんだろうと思い、待つこと数秒。
「〇〇様、ご希望の〇日なら3名がエコノミーで1名ビジネスでしたらお席確保できます」ってちなみに「出発日を1日早めるとエコノミーで4席確保出来ますよ」マジっすか
帰り便も見てもらうと「〇日でエコノミー4席確保できます」って。
まーまー、ここは慌てず名古屋発と関空発も見てもらいます。名古屋発なら出発も希望日でエコノミー確保出来るけど、名古屋までの移動を別途手配しないとならんし…。
「検討してかけなおします」と一旦電話を切り、妻と相談。

結果、出発を1日早め、そして滞在を1日延ばした日程で特典航空券をとることに。
改めて電話して、無事特典航空券を確保出来ました
スクリーンショット (3).png

スクリーンショット (2).png

スクリーンショット (6).png

スクリーンショット (4).png

家族4人分確保出来ると思っていなかったので、ビックリです。
でも、提携航空での発券なので、前回のグアムのように、前段に弾丸ツアーや、帰国後に国内片道を追加することが出来ないのがもったいない。
とは言え、空港税など支払ったのが家族4人分で40480円ですから、1人10120円でセブ往復出来るわけです。特典航空券って本当美味しいですよね~。ちなみに、同じ日付でフィリピン航空のHPで価格をチェックすると1人60510円でした。
9か月先の旅行計画でした
0

この記事へのコメント