弾丸海外旅行(ジャカルタへ)

いよいよ、弾丸ツアースタートです。
しかし、ここへ来てストレスマックスです
まー一番のストレスは、悪評の多い今日のジャカルタ入国なんですけど、昨日の仕事中に暴力行為を受け、睡眠不足での旅立ち。会社も今日からの旅行は楽しんでこいと送り出してくれ、今後の手続きなどは帰国後でいいと。暴力行為を受けたといってもケガもないし、存分に楽しんできたいと思いますでも、ジャカルタの入国がな~・・・{



今年は後厄。そして出発前日に暴力行為と嫌な予感を抱えながら、電車を乗り継ぎ成田空港へ。
超久々の第2ターミナルです。
JALのチャックインカウンター。今回の旅程は、ビジネスクラスなのでビジネスクラスチェックインカウンターです。
やっぱり空いていますよね~。すぐに手続きに入れました
画像





ちなみに、私は青派(SFCホルダー)ですが、JGC会員であれば、専用のチャックインカウンターがあります。私が成田空港に着いた時間では、ビジネスクラスのカウンターよりも空いていました。
画像

なんか、こういう光景をみると、JGCも欲しくなりますよね~。
自分の好きな東南アジア地域へは、JALと同じワンワールドメンバーのマレーシア航空がよく割引やってますし、JGCカウンターやファストレーン(保安検査)も同行者OKって大きいと思います。




さて本題に戻りますが、すんなりチェックイン完了かと思いきや、トラブル発生です。
航空券の紐づけがうまくいっていないと、チェックインが出来ない状態に・・・カウンターのお姉さんが裏方さんに電話したり、他のカウンタースタッフと話したりして、試行錯誤しながらPCをいじり、待つこと30分。ようやくチェックインが出来ました



ほぼ目の前にファストレーンがあるのですが、こちらはファーストクラス利用者とJGC会員用。
少しでも早く保安検査を抜けるために、ワンワールドの優先レーンを利用しました。一般レーンもさほど混雑はしていませんでしたが、優先レーンは待ちなしで通過。続いての出国審査も自動機で数秒で終わりました。



ここから搭乗までは、ラウンジ巡りです
いったん帰国した際にも成田で3時間近くの乗継があるので、その時と合わせてワンワールドの全ラウンジを巡ろうと考えてます。
成田にはワンワールドのラウンジが4社5か所あります。
画像

赤丸のところ。本館側にJAL、アメリカン、キャセイ、サテライト側にカンタスとJALです。



まずは、近くにあるキャセイのラウンジを訪問。
画像画像
こちらのラウンジは狭いです・・・食べ物、飲み物も少なくあまりよろしくないですね。
ただ、すごく静かでゆっくり静かに過ごしたいのであればいいと思います。まー狭いので座席確保も難題なんですが。
日本酒2杯を頂いて、40分ほどの滞在でした。



出発ゲートが99番でサテライト側なので、お次はカンタスのラウンジにお邪魔しました。
画像画像
こちらのラウンジは、狭すぎず広すぎず。混雑もしていないし、静かだし、飛行機は見えるしで申し分ないです。
入り口付近に食べ物・飲み物が置いてあり、ここもキャセイと変わらないな~と思ったら、奥にバーコーナーがあり、様々なお酒が置いてありました。食べ物は少ないですが、飲み物は充実しています。
こちらで頂いた「澪」という発砲日本酒が大変美味しかったです。あれは飲みすぎてくたばっちゃうお酒です!
軽く日本酒とスナック菓子を頂いて、コーヒーを飲んで移動です。



カンタスのラウンジで最後までいてもよかったのですが、搭乗開始予定までの30分をJALのラウンジへ。
画像画像
入るなりゲンナリです。予想はしていましたが、人人人で座る場所の確保すらままならない・・・ブログの続きを書こうかなとWi-Fiにつなごうとするも、遅いのなんの。昼時間帯の格安SIMよりひどい状態でした。昔のダイアルアップかって、いやそれ以上にひどい気がしました。すぐに諦めて、ここではお酒を飲まず、水分補給をして搭乗口へ向かいました。



準備に時間がかかっていると、搭乗開始も予定より15分遅れ。
搭乗すると、私の席に体格のいい海外のおじさまが!?英語で「私の席ですよ」と声をかけると、「俺の席Hはどこだ?」と・・・この飛行機にはH席ありませんから~!!!ボーディングパスを確認するとA席じゃないですが。「あっちですよ」と言うと、笑いながら謝り移動していきました。飛行機での座席間違いは初めての体験でした。やっぱ、今回はなんかある・・・




アメニティーは巾着に入って、サイドテーブルに置いてありました。このままお土産!?です。
画像





そうこうしているうちに、ドアも閉まり、いよいよだなと思ったら動かない・・・しばらくしてアナウンスが流れ、「成田の悪天候(←普通に雨が降っているだけですけど)と出発便混雑のため、管制から15分その場での待機を命じられた」って。また遅延ですか~
あれ?これってもしかすると俺のせい??後厄怖~!!


ようやく離陸です
画像




水平飛行に移り、CAさんが飲み物と食事のオーダーを取りに来ました。
やっぱ、まずはシャンパンですよね!
画像






で、食事はサーロインステーキが美味しそうだったので洋食で牛肉をチョイス。
画像






テーブルクロスが黒基調で、良く見るとグラスの底に鶴丸のロゴが。鶴丸が浮いているように見えるのは気のせいかな!?
画像






機内食です。
JALだからなのか、飛行時間が長いからなのか分りませんが、前回のANAみたいにワンプレートではなく、前菜、メインと陶器の器で出てきました。
画像画像





ただビジネス24席ですが、飲み物もなくなったら注文しないと追加されないし、CAさん足りていない気がしました。たまたまかもしれませんが、5列目まではちょこちょこ気配りしているのですが、私の座った最後列の6列目までは来ないって感じです。声をかけようとすると、5列目のお客さんを対応して戻ってしまう。なんなんでしょうかね~?






約8時間のフライトを終えて、ジャカルタ到着です。30分遅れですでに日付が変わっています・・・
画像






ストレスを感じていた入国審査ですが、目的だけ聞かれてすんなりパス出来ました。
並んでいる間審査官を観察していたのですが、人によっては色々質問をしていました。いい審査官に当たったようで



荷物受け取りを待つ間、アプリにてgrabとタクシーの料金を確認してみました。
画像画像
アプリでの金額ではタクシーの方が若干安いです。Grabも付近に車があるので、手配すればすぐに乗れるでしょう。
今回はタクシー乗り場の状況も見たかったのでブルーバードタクシーで行くことに。



出口を出て右手に歩いていくと、タクシー乗り場があり、その近くに発券機があります。
ブルーバードが何でもいいかを選んで画面をタップすると番号が書かれた紙が発見されます。
画像

後はタクシー乗り場前の椅子で待っていればいいだけ。ブルーバード以外であればすぐに乗れます。ブルーバードは20分ほど待たされました。乗り場前のモニターに番号が表示されるのですが、全然あてになりません。ブルーバードのスタッフが、インドネシア語で番号を読んでいるので、自分の番号が呼ばれたら手を挙げてアピールしましょう。




深夜なので車はほとんど走っていなく、ホテルまで30分ほどでした。
今宵のホテルは「ホリデーインエクスプレス ジャカルタ マトマラン」です。
部屋は綺麗だし、ベットも大きいし、シャワー室も独立していて洗面やトイレがビチョ濡れになることもないのでいいですね。
画像画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック